心霊、動画、怖い女、超常現象、都市伝説、怪しい話満載のオカルトブログ!

古今東西!オカルト闘技場

猿にまつわる怖い話  猿の手 猿酒 キヒサル

不思議な話


猿に関する怪奇が多いと感じたので猿関係の怖い話を集めてみた。 梅雨のじめじめとした湿気を怖い話で吹き飛ばしてくれ。

猿の手

sarute

老夫婦が男から猿の手のミイラを貰い受けた。猿の手は願い事を3つ叶えてくれるという。 手始めに老夫婦は金が欲しいと願う。すると、息子が死に保険金が入ってきた。 妻は嘆き悲しみ、息子を生き返らせて欲しい、と願う。 その晩、老夫婦の家にノックの音が鳴り響く。妻はドアを開けようとするが、夫が必死になって止める。 夫は息子の死に際を見ていた為、どんな姿になっているのか知っているのだ。 夫は、息子よ墓に帰れ、と願う。その途端ノックの音は鳴り止んだ。

古典的ホラー。 元はイギリスの作家の短編小説だ。願いに代償は付きまとうということですかね。

猿酒(えんしゅ)

sarusake

 画像引用:だっしょの田舎暮らしを目指すブログ

 

猿の肉片が塩で漬けられたと言われている酒。中身を見たら死ぬと言われている。 江戸時代の紀行家、菅江真澄は東北を旅してる際に人々から伝聞した話を本にしていた。 その中に猿酒のことが書かれている。猿酒はお腹の病を治す霊薬であると伝えられている。

 山内村の嶋田源助という家に「サル酒」というものがある。1000年近くも昔、都から来た八幡太郎義家に、清原武則が味方して陸奥の安倍貞任を倒した「前九年の役」という戦があり、清原は出羽・陸奥を収める豪族となった。その武則の代に山のサルを3匹捕ってきた。サルの皮と筋肉を取り、胆のうと背肉を水にさらし、1月ほどひたす、日に乾かし酒に漬ける。6月の太陽に乾かし、塩水に3年漬ければ「サル酒」となる。1000年たっても悪くならない秘薬として腹の薬だった。「後三年の役」の後、嶋田源助という武士がサル酒を持って山内村の田代に身を隠し、腹の薬として売り歩いた。あるとき、金沢も祇園時の和尚がサル酒のかめの中を見せてくれ、と頼む。断っていたが死んでもいい、というので見せると1年もしないうちに和尚は死んでしまった。それから何十年か後、同じ寺の和尚が先祖が死んだのが本当か試す、と言い見せたが、やはり1年して死んでしまった。それから嶋田の家では薬も売らず、誰にも見せない家宝の神様、としておまつりした。

引用:秋田の昔話

猿には不思議な霊力があるという。はたしてそれは本当だろうか。 他にも、命乞いをする妊娠した猿を殺してしまったため一族が没落してしまった、という伝承もある。 猿の祟りかわからんが、なかなか凄まじい呪いだ。

そして、中を見たら死ぬという話は上記の秋田の民話からきているのであろう。本当にあるのかどうか不明。

 

 

キヒサル(忌避猿)

saru

2CHの怖い話のコピペで有名になった化け物猿。 以下引用

696 名前:643 投稿日:03/11/19 15:06 ずいぶん昔に聞いた話なので、ところどころ記憶が曖昧なのですが、ヒサルキ という名前と>>217-219の話に共通点があると思うので、書いてみます。

村の年寄りから、キヒサル(キヒザル)という話を聞いたことがあります。 聞いただけなので字は分からないですが、話の内容からすると「忌避猿」とな るのかもしれません。

キヒサルは群れからはぐれた猿を狙って体の中に入り込みます。乗り移られた 猿(以下キヒサル)は獣を殺し、その肉を食うようになります。また、その外 見を利用して猿の群れに近づき、手当たり次第に殺して食べます。その食欲は 尋常ではなく、キヒサルが現れた山では獣の数が一気に減るとまで言われてい ます。結果、山には獣の死骸がゴロゴロ転がることとなり、それで猟師や杣は キヒサルの存在に気付くのです。 共食いをするキヒサルを、特に猟師は忌み嫌います。 ただ、トラバサミや柵で捕らえても、キヒサルの本体(ヌシ)は乗り移った体 (グヨリ?)から逃げてしまいます。(そんな時、残されたクヨリは抜け殻の ように、がらんどうになっているそうです。)また、鉄砲で撃ってもキヒサル は、なかなか死にません。

697 名前:643 投稿日:03/11/19 15:07 だから、キヒサルが現れると、猟師と杣は手分けして山狩りをします。 人と違って、キヒサルは道を通るとは限らず、その一方で火や金物の音を恐れ るので、松明を持って銅鑼や半鐘、鍋などを叩いて、山裾から山頂へ追いやる ようにします。キヒサルが近くにいる気配は匂いで分かるそうです。(私が聞 いた話では、キヒサルが近づくとサビのような匂いがするとなっていましたが、 これは金気臭い匂いではないかと推測します。)キヒサルを見つけても、間違 っても触れてはいけません。(ただ、その理由や触るとどうなるかは覚えてま せん。)山狩りに参加した人は、ひたすら山頂近くに設置した罠のところへキ ヒサルを追い込みます。 草を刈った平地に追い込んだら、木の上に渡してある油を染みこませた布をキ ヒサルの上に落として捕らえ、すぐさま焼き殺します。ヌシの姿を直接見ると 目が潰れると言われているので、このような方法を使うのだそうです。

キヒサルの起源は分かりません。もしかしたら、何らかの伝染病(狂犬病みた いなもの)に対する恐怖がこのような怪物(妖怪?)を創造したのかもしれま せんが、猿を媒介する伝染病が当時の日本に存在したのかは、私の知識ではな んとも言えません。

ヒサル

699 名前:643 投稿日:03/11/19 15:11 >>134 関係ありそうなんで書き込みます。

私はずっとある村に住んでいるんですが、小学校の頃、一度だけ不可解な 体験をした事があります。

私は友達何人かとで川でザリガニを採っていました。捕まえたザリガニを 決闘させるために一旦岸に上がったのですが、その時、山から出てきた赤 っぽい犬が田んぼを横切ってこっちへ歩いてくるのが見えました。 ヨタヨタとふらつきながら近づいてくるにつれ、私はその犬がケガをして いることに気が付きました。もともと白い犬だったのが毛皮が血だらけで、 だから遠目に赤っぽく見えたのです。頭や手足、口や目からも血がポタポタ と滴り落ちて息も荒く苦しそうでした。

そいつは急に私達の方に頭を向け走り出しました。ケガのせいかスピード は遅いのですが、騒がしく吠え立てることもなく、ひたすらフッフッフッと荒い 息を吐きながらジグザグにこっちに向かってくるのが逆に不気味な感じが しました。 「おい!山犬がこっちに来るぞ。逃げようぜ!」 友達もあわてて川から出て靴を履いて逃げ出しました。犬は方向を変えて 私達の後を追いかけてきます。近づくにつれ、足が折れて白い骨がはみ出 しているのが分かりました。

700 名前:643 投稿日:03/11/19 15:13 「ぉおい!何やっとんだ!逃げぇ!お前ら!」 怒鳴り声がしたので振り返ると、山犬の後ろを走るおじいさんの姿が見え ました。林業をやってる修さんが、鉈を持って凄い形相です。修さんは私 らのすぐ後ろで犬に追いつくと、鉈を振り回しました。 「お前ら!村で大人呼んでこい!」 犬は、修さんに近くにあった棒きれで滅茶苦茶に叩かれていましたが、吠 えも鳴きもせずに相変わらずフッフッフッと息を吐いてぐるぐる回っています。 よく見ると殴られる前から全身傷だらけだったみたいで、毛皮がいろんな 所で破れて赤い肉と白い骨がはみ出ていました。腹から内蔵だかなんだか 正体不明のものが何本かぶら下がっていて、口は血だらけで開いたまま、 そこから黒っぽい小豆色の舌がブラブラ垂れ下がっています。耳も破れて 取れかかっているし、目は真っ黒で潰れているのかもしれない。そんなボ ロ切れみたいな状態なのに死んでなくて、声もなく暴れている山犬を見て いると小便ちびそうなくらい怖くなってきました。

「なにボーっとしてるんだ。早く逃げんかい!血がかかるぞ!」 修さんが鬼のような形相で怒鳴るのを見て、私は村の方へ走って逃げまし た。友達がゲエゲエ吐きながら少し遅れて走ってきます。

701 名前:643 投稿日:03/11/19 15:15 私と友達は村の集会所へ連れて行かれました。窓から外を見ると、村の大 人が犬の所に集まって大騒ぎになっていました。しばらくして煙が上がっ たと思うと、あたりにも物凄い臭いが漂いはじめました。後で聞いたら、 犬に油をかけて焼いたそうです。私と友達は臭いとさっき見たものの気色 悪さに便所で吐きまくりました。

その日のうちに私達はお寺へ連れて行かされました。坊さんは警察みたい に犬を見た時間や場所やその時の状況なんかを詳しく聞いてきました。 腕に包帯を巻いた修さんも来ていて、私達の後でお堂の中に呼ばれました。 その後、修さんと一緒にお経を読まされたり、お札を焼いてその煙をかけ られたりしてから、ようやく帰っていいと言われました。

帰り際、友達が坊さんに「あの犬は何だったんですか?」と聞くと、坊さ んは「化け物に憑かれたんだ」と言いました。猿を捕まえて、中に入り込 んでしまうそうです。「本当は猿に化けるが、最近は猿が減ったので、犬 に化ける」 とも言っていました。後で修さんに聞くと「ヒサル」だと言っていました。 どんな字かは分かりませんが、たぶん「被猿」じゃないかと思っています。

この話、貴志祐介の小説「天使の囀(さえず)り」という話にそっくりなのだ。 小説では猿(ウアカリ)に寄生虫が取り付き猿がおかしくなってしまい、悪霊に取り付かれた猿として村の部族に恐れられているという、そんな話だ。興味があれば読んでみるのもいいだろう。なんせ面白いから。 ちなみにウアカリという猿。白い毛に赤い顔している猿。アマゾンの浸水林にしか生息していない。

uakari

なんとなく人間らしくて、あまり見ていて可愛いとは思えない。

猿夢

sasaru

これも2chのコピペ。猿はそこまで関与していないのだが、猿夢と呼ばれている。

9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2000/08/02(水) 07:03 私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢を みているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い 無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。 すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは 「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」 と意味不明なものでした。 まもなく駅に電車が入ってきました。 それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなりその電車に乗る事に決めました。 本当に恐くて堪られなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。

12 名前:まだつづくぞ! 投稿日:2000/08/02(水) 07:09

私は電車の後ろから3番目の席に座りました。辺りには生温かい空気が流れていて、 本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。 「 出発します~」とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。これから何が起こるのだろ うと私は不安と期待でどきどきしていました。電車は ホームを出るとすぐにトンネルに入りま した。紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。(このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。 この電車だってお猿さん電車だし結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも 恐くなんかないな。)

とその時、またアナウンスが流れました。「 次は活けづくり~活けづくりです。」 活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。 振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていました。 よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。 強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。 男の体からは次々と内臓がとり出され血まみれの臓器が散らばっています。

私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしてい るのに黙って前をを向いたまま気にもとめていない様子でした。 私はさすがに、想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ恐くなりもう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。 しかし赤黒い、血と肉の固まりのようなものは残っていました。 うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。 「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」とアナウンスが流れました。 すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。 さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が 破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。 眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまりません。 私は恐くなり震えながら、前を向き体をかがめていました。ここらが潮時だと思いました。 これ以上付き合いきれません。しかも、順番からいくと次は3番目に座っている私の番です。私は夢から 覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからそ の場から逃げる事にしました。

13 名前:これで最後だ 投稿日:2000/08/02(水) 07:11 「次は挽肉~挽肉です~」とアナウンスが流れました。最悪です。どうなるか、容易に想像が出来た ので神経を集中させ、夢から覚めようとしました。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)いつもはこう強く念じる 事で成功します。 急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。今度は小人が私の膝に乗り変な 機会みたいな物を近づけてきました。 たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、 (夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)と目を固くつぶり一生懸命に念じました。 「 ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かに なりました。

なんとか、悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れ ていました。私は、寝床から台所に向、水を大量に飲んだところで、やっと落ち着いてきました。恐ろしく リアルだったけど所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。でも皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。 それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトなんぞに勤しんでいました。 そしてある晩、急に始まったのです。 「 次はえぐり出し~えぐり出しです。」あの場面からでした。私はあっ、あの夢だとすぐに思いだしました。 すると前回と全く同じで二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。 やばいと思い (夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)とすぐに念じ始めました。。。。。。 今回はなかなか目が覚めません。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)。。。。。。。。 「次は挽肉~挽肉です~」 いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ) ふっと静かになりました。どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時 「 また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」とあのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。 目を開けるとやはり、もう夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。 最後に聞いたアナウンスは絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか?

それから、現在までまだあの夢は見ていませんが次に見た時にはきっと心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。 こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です。。。。。。

 

ただの悪夢を怖い話としてアレンジしたのでしょうね。 夢が続くというのは怖いものだ。

猿は人間と似ているからホラーの対象になりやすいのだろうか。

adpc

ad

関連記事

kitune

狐にだまされるということ

むかーしむかし、昔と言っても今から70年ほど前、あるところにじいさんとばあさんが住んでいました。

記事を読む

小人

【小人動画】トランクから現れ警察官を襲う小人【UMA】

以前、TVで放送されていた小人動画です。真偽が問われるこの動画。果たして本物か…? 森の中に車

記事を読む

キメラ

【閲覧注意】リアルキメラ?件?女の顔に動物の身体

さてさて、これは一体なんでしょう。 遺伝子操作された生き物なのでしょうか。 それとも作り物なの

記事を読む

河童

【妖怪ブーム】日本人として知っておくべき妖怪【知らないと恥をかく】

何年かに一度は妖怪ブームが起きる。今年は「妖怪ウォッチ」の影響か、妖怪が人気だ。そして10月には

記事を読む

小人2

【小人動画】華麗なフォームで家の中を突っ走る小人【UMA】

ダッシュで走りぬける小人動画です。 最近は小人が流行っているのでしょうか。 家の中で子供を撮

記事を読む

ニュース

霊たちがニュースに出てなにかを訴えようとしている

殺人事件のニュースに出てきた霊の話をする。おそらく多くの人が目にしたことがあるニュースだろう。 秋

記事を読む

寝る

死体と寝るということ

一枚の写真がある。 男が女性と寝ている写真だ。普通と違うのは女の顔には生気が無く、死体のようだ

記事を読む

手

【常識的?異常?】自分の中の犯罪者チェック!【サイコパス診断】

己の内に秘める黒い欲望。 「女が欲しい」「金が欲しい」「親さえいなければ」「あいつ絶対自分のこ

記事を読む

otoko

【変態の餌】本当にあった怖い話【人間変】

この世で一番何が怖いかというと「人間」。人間に勝るものはない。 今回は身近であった人間の怖い話

記事を読む

単眼

【閲覧注意】単眼ということ 見る 観る 視る

単眼症という病気がある。本来二個の目が顔の中央に一つだけ存在する先天奇形の一種だ。 人間に限ら

記事を読む

adpc

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

adpc

ad

takayamat
【胸糞注意】仙台連続幼女暴行事件【ロリコン】

1997年から2000年の3年間、宮城県仙台市で幼女強姦事件が発生

pomeraniann
【日本残酷殺人事件】ペット殺人事件【犬投げ落とし】

ペット殺人事件 1974年、神奈川県川崎市にて。 市営団地の8

54dc5neko
【閲覧注意】動物を虐待するということ

ニュースなどでよく取り上げられるが、実際のところはどういうことなの

ijimef
【トラウマ注意】子どものいじめ動画

いじめはなかなか無くならない。子どもだけに限らず、大人の世界にも存

848445bae86cebfbcb19185c08ab3d88_s
【世界残酷殺人事件】エンジェルメーカー事件【田舎の女たち】

田舎の小さな村で起きた殺人事件。殺人は15年以上続き、300名近く

→もっと見る

  • 2017年8月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    PAGE TOP ↑