心霊、動画、怖い女、超常現象、都市伝説、怪しい話満載のオカルトブログ!

古今東西!オカルト闘技場

【佐世保女子殺害】パパはサイコパス【異常の血筋】

残酷な事件


佐世保女子殺害のニュースが連日流れている。

新しい情報がどんどん出てくる中で、異常性が浮き彫りになっていく加害少女。

加害少女については前回の記事で書いたので、今回はその父親について考察してみる。

マイ ファーザー イズ エイリアン

加害女子が英語の論文で書いたものだという。中学の授業でこんな論文を書いてくる少女。彼女には父親が理解できない者に写っていたのであろう。彼女は中学の卒業でも挨拶の際に「いろいろ、ありました。本当に」とワケ有り風な体で何度も父親を見ていたそうだ。

そんな彼女は弁護士にこう語っている。「父親のことをほんとうに尊敬しています。再婚も嬉しかったです」

さて、そんな尊敬されている父親。いまだに会見無し。コメント無し。謝罪無し。被害者に対しての謝罪も無し。

この父親。職業は弁護士である。年収は一億以上と言われ、大層ご立派な家に住んでいらっしゃる。外見は50代とは思えないほど若々しい。表情もいきいきし、溌剌とした印象を受ける。加藤鷹を想像していただけると話は早い。そのような男性である。色黒で髪はロング気味のふさふさ。

この父親、趣味ピアノ、ゴルフ、スポーツと世間一般のくたびれた父親とは一線を画している。頭も良く、仕事も立派。金もある。そして外見も良し。だからこそのエイリアンなのだ。

彼女をサイコパスだと誤解している人が多いと思うが、それは断じて違う。彼女はサイコパスから生まれた子供なのだ。

余談だが、女性のサイコパスは数が非常に少ない。女性の場合だと、サイコパスというより虚言壁や誇大妄想タイプが多い。それと混同しないように。

完璧で完全な父親

この父親、大学のサークルに参加している。常に若い子と戯れ感性を保っていたのであろう。年代が違うもの同士、お互いにいい刺激になる。友人、知人も多くとても社交的である。自分が年をとれば解かることだが、10才以上も年が離れた人間との会話はエネルギーを使う。それでも多くの人間と接している父親はすごいと思う

父親は至って「普通」であり「尊敬」すべき人間なのであろう。

娘が問題を起こした翌日もピアノの発表会にも参加している。娘は娘、自分は自分と切り離して考えているタイプなのだろう。社会人として約束の大事さもわかる。心の中まではわからないが複雑な思いを抱えていたのかもしれない。

父親は奥さんが亡くなってからすぐに再婚をしている。お相手の女性は30代前半の色気のある女性だそうだ。そして妊娠している。幸せそうでなによりだ。

なにか違和感がある。常識的で活発で、女にモテるいい男。なにか引っかかりを覚える。嫉妬や羨望かもしれないが、家族に対する愛情が薄いのではないか、と勘繰ってしまうのだ。完璧な男なのに。

正直に言うと、気持ちが悪いのだ。

娘が給食異物混入事件を起こし、学校の先生やら教育委員会やらPTAやら被害者やら、謝罪や言い訳に忙しくても自分のやりたいことはきっちりやる。こんなことが可能なのか。多くの人間は嫁、子供、両親と家族が不祥事を起こしたら精神的に立ち直るのに時間が掛かるのではないのか。

そして、長年連れ添ってきた妻が病気で弱っている姿を旦那は見ていたはずだ。ガン治療は身体がどんどん痩せて髪も抜けていったりする。そんな嫁の姿を見つつも、新しい嫁探しに必死になっていた父親。もしくはずっと不倫状態だったか。それはわからないが。

父親は悪いことをしているわけではない。突っ込んだら逆に負けなのだ。悪いことをして開き直っているほうがまだ人間味はある。

このオヤジはそういうところがないのだ。欠片も見当たらない。自分はとても素晴らしい人間であるアピールがうそくさい。表面だけ取り繕っている感が丸出しなのだ。そりゃ娘も金属バットで殴るわ。暴力でしかオヤジに勝てるものがないんだもの。

サイコパスの父親から生まれた娘は、立派なモンスターに成長した。キチガイの母親から生まれた息子はサイコパスになる可能性が高い。このオヤジの母はどんな人物かわからないが、興味はある。

家族が狂っていたのだ。

娘がおかしなことをする。娘にとっての歪んだSOSだったのかもしれない。しかし、それは甘受される。「自分はおかしい!おかしいのに!」犬、猫を殺す。それらも許される。異常と常識の狭間で彼女は向こう岸に渡った。自分が壊れないように自分の世界を創り出した。

そのような娘を父親が創り出した。

父親は再婚相手に離婚を切り出されたかもしれない。真っ当な女性なら離婚するであろう。キチガイなら別だが。仮にこの父親、離婚したとしても新しい女性をすぐ探すだろう。

父親の遺伝子は再婚相手の腹の中に着々と育っている。第二、第三のモンスターが誕生するのか、しないのかはわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adpc

ad

関連記事

1シモヘイヘ

【世界最強殺人鬼決定戦】フィンランドのキラーマシン!シモ・ヘイヘ【番外編】

世界最強殺人鬼の番外編として戦争中に大活躍した兵士シモ・ヘイヘをご紹介しよう。 シモヘイヘは史

記事を読む

bi-nn

【進撃の】人食い一族ソニービーン【食人】

「進撃の巨人」という漫画に名前を付けられた巨人が出てくる。 その名前はソニーとビーン。 オカルト

記事を読む

永田

【閲覧注意】日本で起きたリンチ事件【連合赤軍の女闘士・山岳ベース事件】

1960年頃、日本では政治運動が盛んになり、1970年になると学生運動が急速に発展していった。

記事を読む

mare-sia2

【超閲覧注意】マレーシア航空機撃墜事故【18禁動画】

2014年7月17日、ウクライナ上空を飛行していたマレーシア航空旅客機がミサイルで撃墜された。

記事を読む

jinnikuc

【閲覧注意】パリ人肉殺人事件【カニバリズム】

日本人が起こしたカニバリズム事件がある。 カニバリズムとは人肉を食することだ。 それは1981

記事を読む

seki

【閲覧注意】市川一家4人惨殺事件【日本残酷殺人事件】

1992年、千葉県にて。 19歳の少年が強姦した女の家に忍び込み彼女の目の前で一家4人を惨殺す

記事を読む

キティ

【閲覧注意】ハローキティ殺人事件【世界残酷殺人事件】

1999年香港にて。 13歳の女の子が夢に幽霊が出てくると言う。 幽霊は彼女に「自分は殺された

記事を読む

jidou

【閲覧注意】弱いものを踏みにじるということ【児童虐待・監禁】

児童虐待、育児放棄などという言葉。 ニュースでよく聞く言葉だが、その実態を知っているのだろうか

記事を読む

ロバート

【閲覧注意】俺の一番好きな肉は「豚肉だ!」【バカの死体加虐性愛】

養豚場で働く男ロバート・ウィリアム・ピックトン。 彼はカナダで49人の娼婦を殺した。 世界最強

記事を読む

erebe-ta-

日本たばこ産業OL殺人事件【日本残酷殺人事件】

1989年、ある女性が一人の男性と出会った。 「メシでも食いに行かない?」彼女はその男に誘われ

記事を読む

adpc

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

adpc

ad

takayamat
【胸糞注意】仙台連続幼女暴行事件【ロリコン】

1997年から2000年の3年間、宮城県仙台市で幼女強姦事件が発生

pomeraniann
【日本残酷殺人事件】ペット殺人事件【犬投げ落とし】

ペット殺人事件 1974年、神奈川県川崎市にて。 市営団地の8

54dc5neko
【閲覧注意】動物を虐待するということ

ニュースなどでよく取り上げられるが、実際のところはどういうことなの

ijimef
【トラウマ注意】子どものいじめ動画

いじめはなかなか無くならない。子どもだけに限らず、大人の世界にも存

848445bae86cebfbcb19185c08ab3d88_s
【世界残酷殺人事件】エンジェルメーカー事件【田舎の女たち】

田舎の小さな村で起きた殺人事件。殺人は15年以上続き、300名近く

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    PAGE TOP ↑