心霊、動画、怖い女、超常現象、都市伝説、怪しい話満載のオカルトブログ!

古今東西!オカルト闘技場

【閲覧注意】子供が子供を殺すメアリー・ベル事件【世界最強殺人鬼決定戦】

残酷な事件


世界殺人鬼決定戦はまだまだ終わらない。イギリスには超有名「切り裂きジャック」がいるが、あえて触れずに子供の殺人に焦点を当てていく。今回紹介するのは「メアリー・ベル事件」子供が子供を殺害し世間を揺るがした事件だ。

 

メアリーベル事件

1957年5月26日、メアリーベルは産み出された。17歳の母親の第一声は「早くそれをどっかに持ってって」

メアリー

この愛くるしい10歳の少女。この少女が男子児童二人を殺害した犯人だ。

メアリーベルは典型的なサイコパスだった。頭が良く、弁が達者。息を吐く様に嘘を吐く。自分に反抗できない小さな弱いものをいじめるのが大好きだった。そんなメアリーベルの唯一の友達(?)ノーマ・ベル。苗字が一緒だが兄弟でも親戚でもない、知能が若干遅れた13歳の少女。

メアリーはノーマを従え、4歳の男児児童を廃屋に招き入れ薬を飲ませて殺す。

簡単に死体は見つかり、人が集まるやいなや「死体があるの?見たい見たい」と飛びつく。大人に制止されると「私がここにいることは警察も知ってるのよ。見てもいいじゃん」と、しれっと嘘をつく10歳。放火魔と同じで事件を起こし、人が集まると自己顕示欲が満たされるのだろう。

そして「ねぇ、ねぇ、おばさんちの子供が倒れてるよ」と、わざわざ殺害した子供の母親に報告しに行くメアリー。親がどんな顔をするのか見たかったのだろう。

自分の子供を殺された母親の元にメアリーとノーマは足繁く通う。

「ねぇ。おばさん。子供が殺されたときってどんな感じ?」

「子供が死んで悲しい?」

「ねぇ、今どんな気持ち?」

「棺に入った子供の顔が見たい!見せて見せて!」メアリーはニヤニヤを抑えきれず、何度も何度もしつこく聞いた。

母親の返答は「二度とうちに来ないでちょうだい!!」

 

メアリーは自分が殺人を犯したことを誇らしく思っていたのだろう。警察に怪文書を送ったり「私は殺人鬼だー」と叫びまわっていたという。警察に送った怪文書の一部。

「私は殺す。また来る」

bunnsyo

 

「お前はバカ。私たちが殺したんだ」

1文書

 誤字脱字だらけの文書を子供のいたずらと思い警察は相手にしなかった。メアリーは屈辱を味わい保育園を荒らし、第二の殺人に手を染める。

 第二の殺人

コンクリートブロックの間に3歳の男児の死体が見つかる。男児は紫色の花が周りに散りばめられ、身体を鋭利なもので切られた痕があった。さらに生殖器の皮をハサミで切ったような痕も見つかり、犯人の異常性が見受けられた。犯人は勿論メアリー。凶器は片方の刃が曲がったハサミ。それで少年を切り刻んだり、首を絞めて絞殺したのだ。

メアリーとノーマが近くを歩いていたという目撃情報があり、メアリーとノーマは事情聴取を受ける。

「犯人はあたしじゃないわ。なんとかっていう男の子が紫色の花を首からかけ、手には片方の刃が折れたハサミを持って歩いていたわ」

メアリーは知人の男の子を犯人に仕立てあげようとしたが、警察は凶器を公表していなかったのだ。メアリー自爆。さらに少年には完全なアリバイがあり、メアリーに疑惑の目が向けられた。

メアリーとノーマは取り調べを受けることになり、ノーマは家に来た警察に泣きながら「ごめんなさい!ごめんなさい!」と叫んだ。一方、メアリーは「弁護士を呼んでちょうだい。何も喋ることはないわ。それまで黙秘します」と、言い放った。10歳の少女のセリフである。

 イギリス全土で話題になった裁判。10歳の少女が児童を殺害するという、類まれに見る事件にマスコミが殺到した。

メアリーは「私は無実です。全部ノーマがやりました。私は怖くてノーマに従っていただけです」と裁判で主張した。メアリーの母親も裁判に出廷し娘の無実を訴えた。金髪のかつらを着けドラッグでラリッた状態で。

ノーマの方は「お父さん、お母さん、ごめんなさい。」と泣き崩れた。

犯人は一目瞭然だった。メアリーは精神病院行き、ノーマは無罪放免。精神病院でもメアリーは問題を多数起こし刑務所→病院→刑務所→病院を繰り返した。

メアリーは23歳で出所し、子供を産み平和に暮らしている。

meari-2

 

この事件の怖さはやはり、メアリーが何も成長も反省せず娑婆に出たことにあるだろう。メアリーは本を出版している。その本では「自分は被害者である。事件のせいで私はどこに住むことも出来ない。殺人は出来心だった。ひどい親に育てられたから愛情を知らなかったのよ」と得々として語っている。この本を読んでメアリーに同情するものは多いだろう。それがサイコパスの狙いなのである。悪は悪なのだ。ノーマは裁判では無罪になったが、ノーマも加害者なのだ。「怖くて見ているだけだった」悪を見逃す行為が悪。いじめと一緒で見ていて何もしない、というのは加害者と同じなのだ。

天性のうそつきというのはもう治らないのだ。誰でも平気で人を騙す。メアリーは自分の娘にも「お母さんを許して」と同情を買い、娘も騙している。そういう生き方しか出来ないし知らないのだ。

今現在なにをしているのかわからない。

 

 

2014.12.26追記

メアリーベルの動画を載せていたのですが同姓同名の別人でした。申し訳ありません。削除しました。

ご指摘どうもありがとうございました。

adpc

ad

関連記事

kannbojia

【閲覧注意】カンボジアの独裁者ポル・ポト【世界最強殺人鬼決定戦】

最強の殺人鬼ではないが、多くの人間を惨殺した数ということでカンボジアの独裁者ポル・ポトを紹介しよ

記事を読む

松永

【閲覧注意】北九州監禁殺人事件・序【日本残酷殺人事件】 

日本三大残酷殺人事件を挙げろと言われれば「女子高校生コンクリート殺人」と「名古屋アベック殺人事件

記事を読む

歌織

【日本残酷殺人事件】セレブ妻エリート夫バラバラ殺人事件

2006年東京。 川口歌織(かわぐち かおり)32歳は二歳年下の旦那を殺しバラバラにして新宿、

記事を読む

jinnikuc

【閲覧注意】パリ人肉殺人事件【カニバリズム】

日本人が起こしたカニバリズム事件がある。 カニバリズムとは人肉を食することだ。 それは1981

記事を読む

line-1024x482

【LINEいじめ】いじめ駄目!ゼッタイ!【チャットログ覗き見】

夏休みに入り少年少女、ごきげんよう。 ここ最近、LINEによるいじめ、問題が多発している。 本

記事を読む

kenniti

【胸糞注意】開成高校生殺人事件【日本残酷殺人事件】

1977年、偏差値77の開成高校に通う佐藤健一(16)は父親に殺された。 親が何故自分の子供を

記事を読む

永田

【閲覧注意】日本で起きたリンチ事件【連合赤軍の女闘士・山岳ベース事件】

1960年頃、日本では政治運動が盛んになり、1970年になると学生運動が急速に発展していった。

記事を読む

アナタハン

32人の男と一人の女の島【アナタハンの女王事件】

アナタハン島という島がある。サイパンから北東にあり長さ12キロ、幅3,7キロの小さな島である。

記事を読む

さいこ

【佐世保女子殺害】パパはサイコパス【異常の血筋】

佐世保女子殺害のニュースが連日流れている。 新しい情報がどんどん出てくる中で、異常性が浮き彫り

記事を読む

ひぐま

【閲覧注意】北海道最恐の生物!狙われたら最期!!【三毛別羆事件】

つい先日、知り合いからLINEが届いた。内容は「北海太郎やべー」という一文。 北海太郎と言う方

記事を読む

adpc

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

adpc

ad

takayamat
【胸糞注意】仙台連続幼女暴行事件【ロリコン】

1997年から2000年の3年間、宮城県仙台市で幼女強姦事件が発生

pomeraniann
【日本残酷殺人事件】ペット殺人事件【犬投げ落とし】

ペット殺人事件 1974年、神奈川県川崎市にて。 市営団地の8

54dc5neko
【閲覧注意】動物を虐待するということ

ニュースなどでよく取り上げられるが、実際のところはどういうことなの

ijimef
【トラウマ注意】子どものいじめ動画

いじめはなかなか無くならない。子どもだけに限らず、大人の世界にも存

848445bae86cebfbcb19185c08ab3d88_s
【世界残酷殺人事件】エンジェルメーカー事件【田舎の女たち】

田舎の小さな村で起きた殺人事件。殺人は15年以上続き、300名近く

→もっと見る

  • 2017年4月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    PAGE TOP ↑